女性の場合は毎日化粧の時に鏡をみますので、おでこ上の両サイドの薄毛や白髪には気がつきやすい。白髪の場合は部分染めをお風呂に入る前にチャチャっとしてしまえばそれで対策はできるのですが、どうしても薄毛となると、そう簡単には対策はとれません。 Keep reading…

Tags: , , ,

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

Hello world!

29 3月 2014

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

美白を維持するための化粧品を買おうと思うのですが、色々ありすぎて正直困っています(笑)
まずは角質ケアで肌の老化現象を遅めたりするのがいいらしいのですが、それに必要な化粧品は美容液。
Keep reading…

Tags:

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

舞妓はレディ~、舞妓はレディ~主題歌のさびの部分、これからしばらくは、仕事中であっても鼻歌になって出てきそう。

とにかく主演の上白石萌音に尽きる。
主題歌以外に印象に残る楽曲がないとか、ダンスシーンで腰の使いすぎとか、岸部一徳は元ミュージシャンなのに踊りのリズムに乗れてないとか、監督は奥さんに気を遣いすぎとか、若手の言語学者があんな立派な研究室を持てるわけがないとか、田畑智子はとっくに30歳を超えてるだろうとか、妻夫木聡がおいしいところを持っていきすぎとか、その妻夫木聡の相手をする女優が歌もうまくてなかなか良いじゃないかとか、草刈民代の片肌脱ぎに目尻が下がってしまったじゃないかとか、いろいろ文句もあるが、上白石萌音の赤いほっぺに免じて、すべてOK!!
東北の田舎から舞妓になりたい一心で京都の花街へやってきた少女・春子(上白石萌音)がヒロイン。実は彼女にはある秘密があった。
ひどい訛りを直し、舞妓としての作法の見習いや厳しい芸事の修練が続く。
泣きたくなったり、疲れて稽古場で眠ってしまったり、思うようにならない日々が過ぎていく。

はたして春子は念願の舞妓になることができるのだろうか・・・・茶屋の女将、先輩の芸妓、踊りの師匠、花街の女たちが、女の世界に飛び込んできた少女をときには厳しく突き放し、ときには優しく見守る。
懸命にがんばる少女の姿に感動それぞれの過去と、そして彼女の秘密を見ていたのだった。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

JRAの新規騎手免許試験にイタリアのミルコ・デムーロ騎手とフランスのクリストフ・ルメール騎手が合格しました。両騎手とも世界的なトップ・ジョッキーで、これまで何度も日本で騎乗しています。これまでは短期免許で年に何度か乗りにくるという感じでしたが、今年からは日本での騎乗がメインということになります

恐らく日本での騎乗を希望する大きな理由は、地元の国で乗るよりお金がいいから、ということだと思いますが、両騎手の騎乗を年中見ることができるのは、競馬ファンにとっては大きな楽しみとなるでしょう。

ただ、ちょっと心配なのは、両騎手への有力馬の騎乗依頼が増えることで、当然日本人騎手は影響を受けることになります。両騎手の騎乗をお手本にして日本人騎手たちがよりレベルアップできるといいと思います。。

http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/02/06/kiji/K20150206009758930.html

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

日本では、年齢によっては夢をあきらめなくてはいけないことも多い。転職も35歳を過ぎたら難しいともよく言われる。
しかし、そんな年齢の壁を見事に打ち破った人がいる。年齢53歳にして北海道新幹線の運転手の免許を獲得した、JRの安斉宣雄さんだ。

父親が鉄道マンだったことから小さい頃から電車の運転手になるのが夢。しかし視力が弱く、鉄道の道を一旦は断念。本州の自動車関連の企業に勤めた。だが、どうしても鉄道運転手の夢が忘れられず、30歳で当時の国鉄に転職。
本社の内勤勤務などをしながら、運転手を目指していたそうだ。そして49歳で新幹線の運転手の試験を受験、惜しくも落ちてしまったが翌年、50歳で念願の新幹線運転手試験に見事に合格。安斉宣雄さんも年齢や体力などの衰えも感じていたらしいが、人間、年齢だけではないことを見事に証明してくれた。

http://mainichi.jp/select/news/20150114k0000e040201000c.html

わが身を振り返れば、40半ば。諦めた夢もあるが、安斉宣雄さんを見習って、まだまだチャレンジして行きたいと思わされた。

Tags: , ,

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

やはり価格ドットコムもビジネスなので、一番発行してもらいたいカードをランキング上位に掲載しているような気がします。 Keep reading…

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

ちょっと前に流行りましたよね、シェアハウス。私なんかは男女が出会いの目的で住む以外、なにかあるのかしら?と思っていたのですが、単純に家賃を節約したいというケースもあるようです。特に都心の場合は家賃が高いので地方から上京される方のなかにはシェアハウスも選択肢にいれていても不思議ではありません。しかし看護師の場合はお給料も夜勤を含めると高いうえに、それこそ夜勤なのでシェアしている同居人に不規則な生活を強いることになったりして、精神的に余計負担がかかるので、普通に家賃が少し高くても1人暮らししたほうがいいと思うけど、若いうちはシェアハウス・・憧れていたかもしれないと思う私もいる(笑)その人は保育園で働く看護師に興味があるそうなのですが、都内では保育園の看護師求人が多くて、住む場所を現在検討中だそうです。看護師の中には若いうちにガッツリ夜勤で働いてお金を1000万円単位で稼いで、30代になってからは転職してキャリアアップを図り、徐々に仕事のペースを緩くしていく、といった賢い体力コントロールをしている方もいるそうで、頭が上がりません。その人たちは看護師求人東京ナビといった看護師求人サイトをよく利用しつつ、転職しながら渡り鳥のように自分が働きやすい職場を転々とされているそうですが、そのような働き方のできる看護師というお仕事が少し羨ましくなった、そんなランチタイムでした。私も頑張ります。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

アメリカ出張から帰ってきたのですが、自宅に帰ると書斎の椅子がアーユルチェアに変わっていました。 Keep reading…

Tags:

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

いろいろ考えたり試したりしてきたけど、まず整形は無理ってこと。
怖いじゃん。怖いから嫌。なのでそもそも選択肢としてはいってなかった。
Keep reading…

Tags: , , , , , , ,

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·